そのまま飲むほうがいいと思ったけど

投稿者: | 2015年4月30日

ヨーグルトの飲み方としては、そのまま飲むのが1番だと思います。
その理由は、ヨーグルトの体にいい成分をいかすには、そのまま何もしないで飲むのが1番確実だと思うからです。

そのまま飲むだけでも、いろいろ効果がありそうです。たとえば便秘解消やダイエットの効果が期待できます。便秘が軽くなれば、それだけでダイエットになります。
すっぱさが苦手な人は、砂糖を加えてちょっと甘くすると飲みやすいです。そのときに使う砂糖は、白くない砂糖のほうが体にいいです。砂糖を入れるとダイエットにならないかもしれませんが、ヨーグルト1杯をちょっと甘くするくらいなら太りません。ヨーグルトそのものに甘い味がついているし、メーカーによっても味が違うので、いろんなところのヨーグルトを飲み比べるのもいいです。
飲むヨーグルトは、食べるヨーグルトよりもお手軽にとることができるので、時短にも向いています。

最初にそのまま飲むほうがいいと書きましたが、飲む人それぞれ工夫して、いろいろな味を楽しんでいます。メーカーのHPにもレシピが載っているので、そういうところを参考にすると、より楽しく飲めると思います。
yo-guru4

関連記事⇒ブルガリア飲むヨーグルトは習慣になっています

関連記事⇒先月からR-1を飲み始めました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です